【住所】〒578-0984 大阪府東大阪市菱江1-2-33

お問い合わせは TEL:072-968-1239 FAX:072-968-1240
24時間ネット受付可能
トップページ院長紹介クリニック紹介診療時間・地図リンク

禁煙外来

禁煙外来|大阪府東大阪市菱江の内科・循環器科・小児科|狭心症、心筋梗塞、不整脈などの予防につながります

トップページ»  禁煙外来
24時間ネット受付可能
禁煙外来もこちらから
受付出来ます。
ヨガスタジオ
さんだヨガスタジオ ブログ

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

禁煙外来について

当クリニックではカウンセリング手法と、ニコチンを含んだ貼り薬(ニコチネルTTS®)やニコチンが脳神経に作用するのをやめるお薬(チャンピックス®)を使用して中毒症状を緩和し、禁煙のお手伝いをいたします。

よく知られているように、タバコは胃がん、肺がん、食道がん、喉頭がんなどのガンや、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性呼吸器疾患、そして狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、不整脈といった動脈硬化からおこる循環器疾患を引き起こす要因となります。しかも、自身でやめることができる最大の危険因子なのです。

タバコは、ニコチンの作用による脳や体への快感と、気持ちの上での依存(ほっとする、一服できる、間がもつ、すっきりする)が重なって好きになってしまうので、意思の力だけではなかなかやめられず禁煙はできない、難しいものと思っておられる方が多いのです。

禁煙外来について

今まで禁煙してみてもできなくて、禁煙に取り組むこと自体、ムリなのかな、イヤだな、という気持ちになっていませんか?健康面、経済面でタバコはとても害の大きいものです。また、薬の効果で、中毒症状を軽くでき、楽に禁煙ができます。

禁煙に取り組み、成功し、皮膚や血管や内臓の働きなど身体、そして心もキレイになることを目指しましょう。お手伝いいたします。きっとできます。あなたの決心、新しい取り組みを待っています。

禁煙治療の流れ

「禁煙治療」は保険が適用されます。12週間で5回分の治療であれば保険適用で受けることが可能です。治療の流れの例をご説明します。

(1)初診
  • ニコチン依存度、喫煙状況、これまでの禁煙歴、健康状態などについて問診を受けます。
  • 禁煙治療が保険適用で受けられるかの確認を行います。
★保険適用の条件★----------------------------------------------------------
1.前回の治療の初回診療日から1年経過していること。
2.「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること。
(1)ニコチン依存症を診断するテストで5点以上である
(2)1日の平均喫煙本数( )本×これまでの喫煙年数( )年=200以上である
(3)1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
(4)禁煙治療を受けることに文書で同意している
-------------------------------------------------------------------------------
  • 息にタバコに含まれる有害物質である「一酸化炭素」がどのぐらい含まれているのかを測定します。
  • 禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書(禁煙誓約書)」にサインをしていただきます。
  • 禁煙プログラムについて医師から説明を受けた上で、適した禁煙補助薬が処方されます。
  • 処方された禁煙補助薬を服用して次回の診察を待ちます。

 

(2)2回目の診察【初診から約2週間後】
  • 初診時と同様に、喫煙状況、健康状態などについて問診を受けます。
  • 息にタバコに含まれる有害物質である「一酸化炭素」がどのぐらい含まれているのかを測定します。
  • 禁煙のアドバイスを受け、必要なら禁煙補助薬が追加処方されます。
  • 引き続き、処方された禁煙補助薬を服用して次回の診察を待ちます。

 

(3)3~4回目の診察【初診から約1カ月/約2カ月】
  • 初診時と同様に、喫煙状況、健康状態などについて問診を受け、医師からアドバイスをもらいます。
  • 息にタバコに含まれる有害物質である「一酸化炭素」がどのぐらい含まれているのかを測定します。
  • この頃には食事が美味しく感じられるなど心身の変化を実感できるようになる人が増えていきます。
  • 引き続き、処方された禁煙補助薬を服用して次回の診察を待ちます。

 

(4)5回目の診察【初診から約3カ月】
  • 初診時と同様に、喫煙状況、健康状態などについて問診を受け、医師からアドバイスをもらいます。
  • 息にタバコに含まれる有害物質である「一酸化炭素」がどのぐらい含まれているのかを測定します。
  • 保険適用での禁煙治療は終了となります。このあとも継続を希望できます。
    ただし、その場合は保険適用外となります。

内服薬:チャンピックス

内服薬:チャンピックスこれまでも使われてきたニコチンパッチやニコチンガムのほか、新しく登場したニコチンを含まない飲み薬が選択肢の1つに加わりました。
それが、ニコチンを含まない飲み薬・チャンピックスを服用する新しい治療法です。

1日2回、食後に飲みます。飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目には禁煙を開始します。
ニコチンを含まない飲み薬は、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくします。
通常、服用期間は12週間です。

服用の注意点

以下に当てはまる方は、事前にご相談ください。

□ 以前に薬を飲んで、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある
□ 精神疾患がある □ 腎臓の病気がある □ 他に服用中の薬がある
□ 妊娠中または授乳中である □ 未成年者である

その他の注意点
1.ニコチンを含んだ禁煙補助薬(ニコチン製剤)との併用はしないでください。
2.腎臓の病気がある場合は主治医にお申し出ください。
3.禁煙は治療の有無にかかわらず様々な症状(気分が落ち込む、あせりを感じる、不安を感じる、死んでしまいたいと感じる等)を伴うことが報告されています。また、もともとこのような症状がある場合は、その症状が強く出ることがあります。本剤を服用中にこのような症状があらわれたら、服用を中止し、主治医にご相談ください。
4.チャンピックスを服用後に、めまい、眠気、意識障害等の症状があらわれ、自動車事故に至った報告があります。事故をふせぐため、自動車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。

副作用について

チャンピックスの服用によって「吐き気」「頭痛」「上腹部痛」「便秘」「お腹のはり」「普段と違う夢をみる」「不眠」などの副作用があらわれることがあります。副作用をおこしにくくするために、必ず食後にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用してください。また、治療の途中で“禁煙ができた!”と自己判断して、服用をやめないようにしましょう。医師の指示どおりに服用を続けてください。

タバコをやめてからの身体の変化

6時間後
  • 心臓の鼓動が落ち着き、血圧が下がりだす
8時間後
  • 血中の一酸化炭素濃度が下がり、酸素濃度が正常に戻る
24時間
  • 肺機能がずっと良くなり、息切れから開放される
  • 心臓発作の危険性が少なくなる
数日後
  • 味覚、嗅覚が生き返る
  • ニコチンが体内から検出されなくなる
3週間後
  • 呼吸や循環機能が改善し、運動が楽になる
2ヶ月後
  • 咳や息切れが改善し、スタミナが戻る
3ヶ月後
  • 男子であれば精子の機能が正常に戻り、その数も増える
  • 女子であればお肌のはりがもとにもどる
>>身体にエネルギーが満ち溢れ、禁煙を達成した誇りや満足感が味わえる
1年後
  • 心臓病による突然死の危険性が、禁煙していたころのほぼ半分になる
5年後
  • 肺がんにかかる率が喫煙者の半分になる
10年後
  • いろいろな病気にかかる危険性が非喫煙者のレベルにまで近づく
>>その上、お金が貯まる(1日1箱410円×365×10年=1,496,500円!)

最初の一週間を乗り切ろう

ニコチン依存からの離脱症状は、禁煙をはじめてから数時間であらわれ、開始後2~3日でピークを迎えます。

まずは、最初の一週間を突破することを目標にするといいでしょう。
脂っこい料理を食べると、口の中をすっきりさせるためにタバコを吸いたくなることが多いので、この期間は避けたほうが懸命。食後の一服が習慣化している人は、食後すぐに歯磨きをするとタバコの誘惑から逃れやすくなります。

誘惑に負けずに、禁煙を達成して下さい。

このページの先頭に戻る